人気ブログランキング |

タグ:洛北 ( 5 ) タグの人気記事

京都洛北修学院エリア旅 金福寺

こんぷくじ、だよ。

e0268075_22454395.jpeg

この時点で「村山たか」って誰だよ!と思ったのは私だけではないはず。

それがなかなかどーしての女性だったのですよ。

興味のある方はウィキペディアをどーぞ。








住宅街の中にいきなり金福寺。

e0268075_22485602.jpeg

本堂を通り越して先に小高い所にある芭蕉庵に行きました。

e0268075_22504319.jpeg

芭蕉庵は老朽化が酷く

e0268075_22522363.jpeg

何本かの柱で支えられていました。

e0268075_20512532.jpeg

芭蕉庵を更に登って行くと与謝蕪村のお墓があると言うので行ってみました。

高浜虚子が御墓参りに来た時の句。

e0268075_20542488.jpeg

京を一目の墓どころですと。

パンフレットにも景色がいいって書いてあったので、期待して登ります。

e0268075_20545984.jpeg

おー、与謝蕪村のお墓。って事はこれを振り向くと絶景なのかい?

e0268075_20551927.jpeg

なんも見えんやないかーーーい!

んー、昔より木が伸びたって事なのでしょうね。。。

でも与謝蕪村のお墓は他の俳句仲間のお墓に囲まれていて

e0268075_20553807.jpeg

きっとあの世でも俳句を楽しんでいたと思います。






本堂にお参りします。

e0268075_20555598.jpeg

村山たかの御位牌もあります。

ここもだーれも居なくて静か静か。

さ、お参りして次に向かいます。

この時点で3時。

飲兵衛主婦腹ペコです。。。






by mika-96 | 2019-07-15 21:29 | 京都

京都洛北修学院エリア旅 詩仙堂丈山寺 八木神社

圓光寺から詩仙堂と八木神社までは結構すぐです。

そして、こんな感じで詩仙堂と八木神社はお隣さんで建っています。
e0268075_19292233.jpeg

まずは手前の詩仙堂に入ります。

e0268075_19313338.jpeg

わくわく。

e0268075_19315924.jpeg

わくわくわくわく。

e0268075_19323781.jpeg

更に藁葺の門をくぐると何だか味のある建物が現れました。

e0268075_19330010.jpeg

と思ったらこちらもお庭以外の撮影禁止なのですわ。。。

e0268075_19332719.jpeg

ぶっちゃけて言うとお寺らしくないお寺とでもいいましょうか

取って付けたような場所に仏像があるな〜と思っていたら

↓ 元々は山荘だった物を後からお寺にしたらしいのですわ。

e0268075_19543627.jpeg






建物自体は小さく観るものも少ないのですが、失礼な言い方だけれど何故かここに

チャールズ皇太子とダイアナ妃が訪れた写真があるのよ。。。

史跡として有名なのねぇ。

e0268075_19572700.jpeg

↑ こう観ると素敵なお庭なのですが

丁度この日ニッカポッカ姿の庭師のおじさん達が3〜4人お仕事していまして

それプラス何故かこの狭い詩仙堂がこの日一番の観光客でして

こちらの前に訪れた神社仏閣があまりにも静かだったので

庭にも降りずとっとと詩仙堂を後にしたのでした。

う〜ん。慣れって恐ろしい。






お隣の八木神社へ行きます。

e0268075_20135347.jpeg

八木神社には宮本武蔵がこの下で決闘をしたと言われている松が奉られていました。

e0268075_20142139.jpeg

お隣の詩仙堂は結構な観光客がいたのに八木神社は又誰もおらん。。。

e0268075_20145563.jpeg

ゆっくりのんびり出来て良か良か。

こちらでめでたく洛北スタンプラリー10個たまりコースターを頂いたのでした。

かなりお腹が空いていますが次のお寺に向かいます。






by mika-96 | 2019-07-14 21:31 | 京都

京都洛北修学院エリア旅 圓光寺

又てくてくと歩いて圓光寺。

e0268075_17591444.jpeg

このお庭が有名らしいのですが

e0268075_18002382.jpeg

いやいや、奥のこっちのお庭の方が癒されるよ!

e0268075_18012968.jpeg

こちらではおばさま二人組の他にお一人様の観光客が二名と、外人さんのお一人様が二名いて

e0268075_18141883.jpeg

それはそれは静かに庭を眺めていらっしゃいましたわ。

e0268075_18033625.jpeg

圓光寺は私の萌えポイントである襖や屏風がたくさん。

e0268075_18031440.jpeg

ほえ〜

e0268075_18035916.jpeg

ほほう〜

e0268075_18041645.jpeg

んー!こんな和室が欲しい!

e0268075_18114762.jpeg

このお茶室なんてうっとりよ。

e0268075_18111692.jpeg

ここでお茶点てて飲みたい!

e0268075_18165164.jpeg

いや、お茶どころかこの時点で飲兵衛主婦かなりお腹が空いていて

次のお寺でお団子でも売っていないかと期待して圓光寺を後にします。





by mika-96 | 2019-07-13 20:19 | 京都

京都洛北修学院エリア旅 鷺森神社・曼殊院門跡

へんぴな所に鳥居発見。

e0268075_01042053.jpeg

鷺森神社。

e0268075_01044729.jpeg

だあれも、、、

おらん、、、






既にUPしておいてなんだけど、この修学院エリアを見たい人は

先2つの神社はパスしてこれから載せる曼殊院から見た方がいいと思います。

私は御朱印スタンプラリーがあったから行きましたけど

何せ交通の便が悪いしアップダウンが多いので歩き疲れます。

曼殊院から先の有名な寺院へは歩いてもまあまあ楽なんですよ。

疲れてちょっと一杯と思っても喫茶店もありません。

京都の他の観光場所とはちょっと違いますので気を付けましょう〜。






さて、鷺森神社を通り抜けて曼殊院門跡に行く道があります。

e0268075_01061905.jpeg

観光客がいないどころかこのエリア、、、住民も見かけない。

暑い事は暑いけどまだまだ湿気は無くて歩きやすいよ?

e0268075_01064055.jpeg

おっと!曼殊院門跡が見えて来ました。

e0268075_01070184.jpeg

浩宮様の記念樹と

e0268075_01080411.jpeg

礼宮様の記念樹が出迎えてくれます。

e0268075_01082973.jpeg

曼殊院中にはそれぞれ別の時期にお2人、並びに上皇上皇后様、紀子様がお見えになった時のお写真がありました。

こちらが曼殊院の入り口ですが、中は残念ながら写真撮影禁止です。
e0268075_01085072.jpeg

写真撮影禁止という事はそれだけ重要文化財的な物が多いとも言えます。

だからここね、見応えあったよー!

ここでかなり時間を費やしましたね。

雰囲気だけでもHPから。

e0268075_08132885.jpeg

e0268075_08134393.jpeg

あー、こんなんじゃ雰囲気なんて伝わらない!

建物自体の古さもいいのよ〜。

お庭も素晴らしいし屏風や絵巻物も素晴らしい。

んー、満足満足!

秋の紅葉時には人が多いみたいですが、今回奇跡的に一人静かに見られてホント感謝感激!

納得の拝観料600円。






帰りは小池の鯉や亀に挨拶をして
e0268075_01091115.jpeg

曼殊院門跡を後にし

e0268075_01094593.jpeg

圓光寺へ向かいます。

e0268075_01100561.jpeg

お次の圓光寺が又素敵なお寺でしたわ。






by mika-96 | 2019-07-13 09:11 | 京都

京都洛北修学院エリア旅 赤山禅院

さて、修学院エリアですがこの赤文字エリアを上から回るか下から回るかで迷う。

e0268075_08185008.jpeg

で、何となく上から回ってみたけれどこれが大正解でした。






まずは赤山禅院。

住宅街の中をさまよい歩き鳥居を発見。

e0268075_17154560.jpeg

清々しい空気の中を歩きます。

e0268075_17225566.jpeg

この種類の苔の事を先月一緒に旅した心友が、毛糸のような犬の毛みたいな苔って表現してたけどホントだね。

e0268075_17250000.jpeg

この日は本堂でお祓いを受けている方がいてあまり近くでお写真撮れず。

e0268075_17170402.jpeg

ここは広い敷地の境内の中にお堂が沢山あり拝み甲斐がありました。

e0268075_17184886.jpeg

境内の中でも登ったり降りたり。

e0268075_17280479.jpeg

他に誰もいないのでのんびりゆっくり観られます。

e0268075_18514303.jpeg

こちらは私の好きな襖絵は無くとも

e0268075_18521273.jpeg

味のある絵や

e0268075_18523176.jpeg

壁や柱の彫り物や

e0268075_18524965.jpeg

昔の消防ポンプ車が

e0268075_18530601.jpeg

飲兵衛主婦を楽しませてくれます。






次の目的地は鷺森神社。

今は携帯の地図が自分の現在地と向かっている場所をリアルに表示してくれるのでとても助かります。
e0268075_18532708.png
紙の地図も持ち歩いてはいますがなんせ紙の地図は老眼で見えん ∑(゚Д゚)

なので携帯地図はとても優秀ですが、そのかわり電池の減りがやたらと早いので

充電器は必需品となります。






暑い。

日傘をさして歩きます。。。









by mika-96 | 2019-07-13 00:57 | 京都