<< 寒くたってお寿司屋さんではビー... 珍道中の大山登山 大山阿夫利神社編 >>

珍道中の大山登山 登山編

「大山登山」でググると、ファミリーや初心者でも楽しく登れる山です、と書いてありました。

へぇ〜、って事は高尾山みたいな感じか〜、と思っていた訳ですよ。

お願いだからこーゆーのは正直に書いて!

e0268075_01023433.jpg

岩場だらけの急勾配がつづく山だって!

Uちゃんなんか高尾山しか登った事ないので足が上がらず

もうホントに嫌ー!と思いながら登っていたそうです。

くねくね曲がれど曲がれど、岩場の急勾配。

前のカップルの楽しそうなおしゃべりが恨めしい熟女主婦2人。






そのうち夫婦杉なんぞ現れましたが

Uちゃんはしんど過ぎて杉なんてどーでもいいわ!状態で

e0268075_01034472.jpg

私も、夫婦杉ならこの間屋久島で見たので無感動。。。

でも、天狗の鼻突き岩にはちょっと関心を示したのでした(^.^)

e0268075_01050947.jpg

富士見台迄来ましたが富士山は頭を隠していました。

e0268075_01054051.jpg

でもなんだか気持ちのいい景色です。

ここから頂上に登る途中で、ケーブルカーで一緒だった消防隊員の方々がいました。

担架には怪我人がいて、皆さんで空を見ていたのでドクターヘリを待っていたのでしょう。

後からこの救急隊員の方々にお世話になるとは思いもせず

e0268075_01060665.jpg

ラストスパートで頑張って頂上目指します。






で!

目標の15:00前に

着いたどーーー!

e0268075_01134624.jpg

頂上ーーー!

e0268075_01142416.jpg

大山阿夫利神社の本社があるのですが、売店と共に閉まっていたので

e0268075_01144943.jpg

しょぼい画なので景色だけ載せます。。。

e0268075_23022804.jpg

そのうちヘリコプターの音が聞こえドクターヘリが現れました。

Uちゃんの息子は消防隊員を目指し学校に通っているので

この活躍を息子に見せようとムービーで撮っていましたが

私はその隙に念願だった、山の頂上でコーヒーをおとして飲む!計画を遂行すべく

入れたどーーー!

e0268075_23072511.jpg

なまら美味しかったよーーー!

満足❤︎満足❤︎






さてさて

ケーブルカーに乗る前にもう1度、来る時に参拝した大山阿夫利神社に寄り

頂上の分の御朱印を頂かないといけないので、先を急ぎます。

と思いきや、左膝の外側が痛い。

なんだかむちゃくちゃ痛い。

一旦座って休んだのがいけなかったか。。。

一旦座って休んだ方が次に進む時に膝に違和感があるので

屋久島でも京都登山でも決して座らなかったのに。。。

なんだかとってもヤバそうな痛みなのが自分でもわかります。

でもケーブルカーの最終時間があるので、とにかく頑張って降りるしかありません。






ところが少し降りた所で、先程の担架の怪我人をヘリに移す為

登山道のすぐ上にヘリが飛んでいるので通行止めとなり

既に10人ほど登山道の岩に腰をかけて待機している状態でした。

私達2人もヘリを見つめる救急隊員の背中に見惚れつつ

e0268075_23075716.jpg

膝にエアーサロンパスをかけまくりしばし待機します。

無事に怪我人もヘリに移動し下山再開となりました。

タイムロスしたので急がなければいけません。






が、やっぱり凄く凄く痛いよー。

とりあえず左膝だけで良かったよと思いつつ、引きづりながら降ります。

待機した中でも先頭で降り始めたのに、あっと言う間に皆んなに抜かされ

気づけば後ろは数人の救急隊員の方々だけです。

大丈夫ですか?と声を掛けて下さる救急隊員の方々に

大丈夫なのでお先にどうぞと言いましたが

目の前に負傷者がいるのにおいて行けません、と。

そりゃそーだ!!!

ヘッドランプ持ってますか?と聞かれて

持ってませーん!だって私達ライトアップ見に来たんですもん!

ライトアップは明日からですよ!

はぁぁ〜。

ヘリのタイムロスで最終のケーブルカー逃して徒歩で下山するはめになり

そこで怪我でもしたらそれこそ大変な事になります。

色々と心配して下さいながらも、無線で今の状況を伝える隊員の声が聞こえます。

負傷した登山者とカップル1組が最終のケーブルカーに間に合わないかもしれません。。。

うわー。凄いプレッシャーだよ。

てか、おんぶしてくれたりしないのかな〜。

若い子じゃないからね、ばばぁじゃ誰もおんぶしてくれないわ。。。

などとUちゃんと小声で冗談を言い合う余裕はあります。

隊員の人先に降りて頂上分の御朱印貰って来てくれないかなー

なんて半分本気の冗談も言ったりしていました。






そのうち隊員の方が私のリュックを持って下さる事になり

身軽になった私は岩場を手を使って降り、かなりピッチが早くなり

タイムロスを挽回しました。

Uちゃんが記念にと、負傷するばばぁと隊員の方々を撮っていました。

e0268075_17401048.jpg

前から3番目の隊員の方がお腹側に私のリュックを持ってくれています。

ありがたや。ありがたや。

頑張った甲斐あり、どうにか最終ケーブルカーの5分前に到着出来ました。

どうにか無事に下山出来てケーブルカーにも間に合って

本当に良かったよーーー!

最後まで心配して下さった伊勢原市消防隊員の皆さん。

e0268075_17374486.jpg

ありがとうございました!





下山後、自宅最寄り駅迄戻ってから小料理屋さんでお疲れさん会をしました。

e0268075_23084544.jpg

コチのお刺身、初めて食べましたが美味しい!






翌日は5時起きでパンプス履いてのお仕事。

勿論膝も痛いし、腕も痛かったー。

色々と思い出深い大山登山となりましたが、膝を治して又登りたいと思います。

頂上分の御朱印貰わなくっちゃね。




おしまい。




by mika-96 | 2017-11-20 17:50 | | Comments(14)
Commented by uransuzu at 2017-11-20 18:37
いや、いや、何て言ったらいいのか、、
いい?貴重な体験をしましたね。
こういう時って、救急隊の皆さんがとって頼もしく見えたでしょう。
あちらも、綺麗な熟女のことが話題になっていたかも!
Commented by weloveai at 2017-11-20 19:39
岩がゴツゴツの険しい登山道じゃん~~
表示は一番弱い方人を基準に書かないと事故が起きる可能性が高いでしょう。ファミリーや初心者でも楽しく登れる山は訂正してもらいましょうよ。
無事下山できてよかったヮ。
それでも又、登る気になるんだから素晴らしいヮ。
Commented by smile_day12 at 2017-11-20 20:16
ごめん

大変な事態だったのに
一生懸命、下に降りようとしてる姿が
めちゃ必死な感じで笑ってしまったー。

でもこれも一つの思い出だねー(^o^)丿
Commented by pinochiko at 2017-11-20 21:03
わぁ!膝、大丈夫ですか!?治して下さいね~。
私も無理すると右膝が痛くて、寄る年波を感じます。
消防隊員ってどうしてこうもかっこいいのか。
こんなに親切にされたら惚れますねぇ~。
Commented by mika-96 at 2017-11-21 08:02
♬ てぶくろさま

ホント、いい(?)体験でした(^.^)
人がドクターヘリに釣り上げられる所も見られたし(^.^)
危うく私が釣り上げられなくて良かったです。。。

人1人怪我しただけで、こんなにたくさん人が動いてるんだなーと感心。
消防隊員て火事だけじゃないんだーって。
Commented by mika-96 at 2017-11-21 08:05
♬ ゆすらうめさま

そうなんですよ!
ここってば、富士山を登る為にトレーニングする山なんですって!
それもちゃんと書いてよーって感じです(;o;)

膝を治して今度は軽々降りてやるぜ!って、余計私の闘争心をかきたてる出来事となりました(^.^)
Commented by mika-96 at 2017-11-21 08:08
♬ smileさま

会った事があるから余計想像して笑えるんでしょう〜(≧∇≦)
反対にsmileさんがこの立場でも私は笑うよ!(^.^)

でも降りた後のビールがはか行ったよ!
Commented by mika-96 at 2017-11-21 08:12
♬ pinochikoさま

あ〜確かに!
病気の時に優しくされた人に惚れるって言いますもんね(≧∇≦)
若い隊員が多かったので、私がピチピチ娘だったらここでLineの交換でもあったのかしら(≧∇≦)

膝はちゃんと治さないと駄目ですよね。
あと30年は元気に自分の足で歩きたいから、グルコサミン飲むか???
Commented by kobacken at 2017-11-21 12:38
いやー、心から「イイネ!」を送ります。
救助隊の方がいらして本当に良かったですよ。
その存在を感じるだけでも力出ますよね。

で、なに、御朱印もらって来い?
その状況でそう思ってしまうところが好きです。
Commented by manekinntetti at 2017-11-21 14:05
mikaちゃん♪ あっはっは笑
ゴメン ゴメン 私もsmileさん同様に、想像して
笑ってしまったよ~((´∀`))ケラケラ
怪我とかじゃなくて良かったよぉ^^

リュックを持ってもらったっていうオチがおもしろくてさぁ。
また、ゆっくりと酒の肴に話を聞かせてよ~(^_-)-☆
Commented by mika-96 at 2017-11-21 16:42
♬ kobackenさま

心からのイイネ!をありがとうございます(^.^)
悪いとは思いながらも、これで何かあっても助けて貰える!と勇気が持て頑張れましたよ。

いや〜だって、せっかくだから頂上分の御朱印も貰いたいじゃないですか。それなら私のリュック持ってり人にひとっ走りして頂いてですね・・・
でも・・・根が善人の私には言えませんでしたよ(≧∇≦)
Commented by mika-96 at 2017-11-21 16:45
♬ テッチさま

まさかあんなに膝が痛くなるとはびっくりでしたわー(;o;)
もっと鍛えなければ!

下山後の小料理屋では、きっと今頃あの隊員さん達も、あの熟女には参ったなーとか言ってみんなで今頃飲んでるよ!って話して笑ってたんです(^.^)
Commented by anello63 at 2017-11-23 00:32
職場の人も行っていますが、大山登山はキツイらしいですね。
ホント、タイミングよく消防隊員の人たちがいてくれて良かったですね。
でなかったらケーブルカーに間に合わなかったかもですね。
休憩の時は座り込んではダメらしいですね。
そうそう、グルコサミン!
Commented by mika-96 at 2017-11-23 01:29
♬ anelloさま

数日経ちますが、まだ階段を降りる時に痛いので、一度ちゃんと病院に行って来ます(;o;)
行きの参道で大きな柿や、大きなしいたけが安く売っていて、帰りには無くなるだろうから行きに買っちゃおうか!と言っていたのですが、やめておいて良かったです。重さで無駄に体力使う所でした(>_<)

やっぱりグルコサミンですか(^.^)
<< 寒くたってお寿司屋さんではビー... 珍道中の大山登山 大山阿夫利神社編 >>